トップページ > 洋書の種類 ペーパーバック
洋書の種類 ペーパーバック

洋書の種類を大別したときに、分かれる「ペーパーバック」と「ハードカバー」。
特殊な印刷を用いたり、本自体に価値を持たせる場合、耐久力が特に求められるような例を除いて、大体の書籍は廉価のペーパーバックで出版されるようです。
初版のみハードカバーで、第2版以降はペーパーバックで出版されるということも珍しくないので、全体の発行部数としてはペーパーバックがハードカバーに比べて圧倒的に多くなります。
それ故、書店などで洋書を見る際、目にするほとんどがこのペーパーバックの形態になるでしょう。

ペーパーバックとは、表紙が少し分厚いボール紙になっている以外は、全体が紙のみで構成されている装丁です。
標準ではカバーなどを持たず、表紙がそのままカラフルに印刷されて内容を示しています。

ペーパーバックの特徴としては、まず廉価であることが挙げられます。
別にカバーなどを持ちませんし、紙質なども極普通の紙を使用、表紙デザインもあまり凝ったものや総天然色の印刷などを用いないことが多いので、コストが明らかに下がります。
本によっては、ハードカバーとペーパーバックで倍の価格差が開くことがあります。

次に、耐久性が低いということも挙げられます。
もちろん扱いによるのですが、表紙も剛性のあまり無い紙で出来ているペーパーバックはカバーなどが若干かけにくく、そもそも掛けない前提で作られています。
しかし、表面に特殊な加工が施してあるわけでもないので(ある程度の撥水性はありますが)、擦れ・傷などがすぐ付きますし、液体などをこぼすと即座に大被害となります。

内容重視ならペーパーバック。
長く所持するつもりならハードカバーとなっているようです。

Copyright © 2009 日本にいながら洋書・洋楽を手に入れる方法 . All rights reserved