トップページ > 書店での洋書入手
書店での洋書入手

一般書店で洋書を入手しようと思うと、どういう方法になるでしょうか。
まず、専門の洋書コーナーなどを持つ、大規模な書店が近くにある場合、あまり深く悩む必要なく入手することができます。
流石に英語以外の言語でマイナーな書籍となると、書棚には見つからないかもしれませんが、洋書を元々扱っているところなら、直接注文も比較的スムーズに行きます。
書棚で見つかれば良し、見つからなくても注文してある程度の時間(一週間から半月見ておけばほぼどんな本でも届くでしょう)を置いて書店に行けば良しです。

洋書コーナーなどを持つ大規模店が身近にないとなると、近くの書店で最初から注文して取り寄せることになるでしょう。
注文する際にしっかり確認しておきたいのは、正確な書名と手数料でしょう。
日本各内の書籍であれば、多少呼び名がいい加減でも、ある程度推測が効きますので、とんでもない間違いをすることはありません。
外国語、特に英語以外の書籍の場合、店員さんもその書籍で正しいのかどうか判断できませんので、似た名前の全く違う書籍が海を超えて届くということが発生してしまいます。
しかも、当然ながらその本を欲しいのは貴方だけなので、店としても非常に困ってしまいます。

日本の書籍の場合、ISBNコードという固有の番号で書籍を特定できますが、洋書、少なくとも英語の書籍は同じようにISBNを持っていますので書籍を特定できます。
書店で注文する前に、ネットで目的の本のISBNを調べておくと、間違いが防止できて良いかもしれません。

Copyright © 2009 日本にいながら洋書・洋楽を手に入れる方法 . All rights reserved